Steeleye Span / Ashley Hutchings / Maddy Prior & June Tabor



Steeleye Span - Please To See The King

Please to See the King  イングランドの香りを求める求道者アシュリー・ハッチングスがフェアポートを離脱して自己の音楽性を追求したバンドがスティーライ・スパンで、その初期三部作はいつの時代にも語り継がれる名作として君臨している。時は1970年前後、ロックの世界では一番熱い時期に突入するが純然たる音楽、英国伝承音楽の世界ではどちらかと言うと楽器が発展してきて今までは口伝えとフォークギターやフィドルなどで伝えられてきた音楽がフォーマットが整い、更にエレクトリック楽器の発展に伴ってより大衆に訴えかけられる環境が出来上がってきたというもので、生まれたばかりのロックのフィールドとは大きく異なるアプローチだったわけだ。そんな中で、そのエレクトリック楽器を使ってトラッドを演奏したらどうなるんだろうという試みに重きを置いたバンドがスティーライ・スパンでもある。

 ファーストアルバムではかなりメンバー間にごたごたがあり、アルバムリリース時には既にバンドメンバーがいないという事態にまで陥っていたのでいくら人気がでてチャートにまで入る売れ行きを示してもどうにもならない状態だったようで、そのサウンドは後のモノとはいささか異なりある意味一番聴きやすいサウンドで、英国とアイルランドの混合編成によるバンド、音楽性の面白いバランスが聴ける作品。そしてやっぱり一番重くて…というかここまでくると重鎮という言葉にもなるし、多分どのロックバンドよりも重いサウンドを出しているアルバムが「Please To See The King」「Ten Man Mop」だと思う。それもドラムレスで、だ。荘厳さというのか何なのか、とにかく一枚聴いて非常に疲れを感じる音楽で重い。美しき歌姫マディ・プライヤーと共にメンバー全員によるコーラスワークが音の隙間全てに詰め込まれたようなイメージでとにかく逃げ道のないような壁が迫ってくるようなサウンドには驚かされる。それもフォークをエレキで演奏しただけで、だ。もちろん歪んだ音とかではなくそのままの音色で、だ。これはやはり元となる音楽の持つ重さ、ましてやトラッドフォークってのは大体が悲惨な物語だったり恨み辛みだったりするワケで、当然ながら軽い意味を持つようなものではないので、もろに出てくるということもあるんだろうなぁ。これから入手する人は何枚か国内訳詞付きのものを入手してみるとその残酷な歌詞の内容に気付くだろうね。スティーライ・スパンのだけでなくってどんなトラッドでも一緒だけど。

 しかしこのセカンドアルバム「Please To See The King」は三枚目「Ten Man Mop」に比べればまだ、いささか軽めに作られているのかもしれない。サードアルバムは心から重いと感じる、無駄なモノを一切取り払ったストレートに刺さってくる重さを持ったアルバムになっているからだ。…とは言うもののどちらのアルバムもどこからどう切っても英国的でロックの歴史にも大きく被さってくる面を持っているんだよなぁ。英国は本当に深い…。

 ちなみにこの三枚以降のアルバムからはどんどんと軽快なポップサウンドになっていき、その模様は初期のサウンドとは全く異なる英国を代表するバンドとなっていくので、祖国に深く根付いたバンドのスタイルはそれでも支持されているのだ。それはそれで好きなんだけどね。ビデオとか見ると面白いよ。

Steeleye Span - Ten Man Mop Or Mr. Reservoir Butler Rides Again

Ten Man Mop  伝承音楽ってのは日本でもあるけどどうやって伝承されてきたのか、なんて考えることある?誰がいつ頃作ったものなのか知らないけど、どこかで口伝えされて世代を超えて伝承されているもの、なんだよね。もちろんテープみたいな録音機器はないワケだから…。そんなのつい最近、せいぜい60〜70年前くらいのものなら記録として音が残せるようになったけど、それ以前のモノってのは全部口伝えの伝承、せいぜい紙に歌詞が振ってあったのかもしれない。楽譜ってのはいつ頃から普及したものなんだろ?なかなか興味深いテーマだ…。

 1971年リリースのスティーライ・スパンの大名作「テン・マン・モップ」。トラディショナルの求道者アシュリー・ハッチングスがこのバンドでやった最後の作品、もうこれ以上できることがなかったというか、新たなる挑戦に出向いたと言うか…。しかし、この「テン・マン・モップ」というアルバムは凄い。Zepの「Led Zeppelin IV」と同レベルの凄さを持っているかもしれない。ポピュラーさはないけど、貫禄、重鎮さ、荘厳さ、そして格調高さという英国ならではの風格を全て兼ね添えており、しかもそれがドラムレスで迫ってくる。もう日本で言えば永平寺の中で奏でられている音楽というようなもんで…、わからんか(笑)。

 どういう形でかわからないがアシュリー・ハッチングスは伝承音楽を自分でかき集めてきては録音していたが、もちろんスティーライ・スパンではエレクトリックトラッド形式でそれらを残しているので、アーティスティックなエゴは出てきてしまうだろう。それでもドラムレスは凄い。それでこの重さだもんな。また歌い手のマディ・プライアのトラッド好きも見事なモノで以降のスティーライ・スパンはマディ・プライアの意思で継続していくことを考えると非常に貴重な存在のバンドなのだ。

 スティーライ・スパンはフェアポート・コンヴェンションから離脱したアシュレー・ハッチングスが新たにウッズ夫妻と組んだバンド、だったがフェアポート・コンヴェンションと同様にバンドメンバーの入れ替えが非常に激しく、ほぼアルバム毎にメンバーが異なっている。もっともマディ・プライアがいれば、という看板にはなっているのだが。しかしロックファンでこのアルバムに辿り着いた人はどれくらいいるだろう?そして感銘を受けるくらいにこのアルバムを聴いている人というのはやっぱり多いのかな。ホントに凄いんだよ。ジャンルとかそういう次元じゃなくてロックとしてというか音楽としてっていうか…、気軽に聴ける作品じゃないのは確か。でも楽しげにやってるんだろうなぁ。

 アマゾン見たら何、今はアルバムに加えてBBC音源がカップリングされたものが紙ジャケで出てるんだ?いやぁ、知らなかった。そこまでじっくり聴くのって結構大変だろうけど魅力はあるな…。しかしまだまだこの本編だけでたっぷり楽しめることは間違いない、うん。せっかくあるものならとことん楽しまないとね。未だに飽きることのない作品です♪

Steeleye Span - All Around My Hat

All Around My Hat  暑い夏なので英国トラッドフォークの道へと進むにはちょっとしんどい…が、何かこの系統で爽やかに聴いておきたいなぁってことで引っ張り出しました。うん、スティーライ・スパンです。マディ・プライアさんのクリスタルな歌声ですが、このバンドも最初期は英国トラッドの伝統にこだわり、且つドラムレスで異常に重いサウンドを出していたんだけど、アシュレー・ハッチングスがいなくなってからはどこへ向かおうか?ってな感じでアルバムをリリースし続け、そもそもみんなトラッド好きだし踊るのも好きだし、そういう路線で良いんじゃない?ってなことで思い切り明るく踊れるフォークバンド…っつうかトラッドベースのバンドになっていった…ようだ(笑)。

Steeleye Span - All Around My Hat All Around My Hat

 そんなスティーライ・スパンの英国での最大のヒットアルバム、というかヒット曲「Steeleye Span - All Around My Hat - All Around My Hat All Around My Hat」を含む、いや、それをタイトルにまでしてしまったアルバム「All Around My Hat」。1975年リリースの傑作です。決してタイトル曲のポップさだけではなくって、アルバム全体がこの大らかな明るさと楽しさに満ち溢れているし、そこに美しくも重厚なコーラスワークやメロディラインが絡んでくるという正に他の国の人間には決して作ることのできない音の洪水は見事なものです。最初からもう正に英国の緑の中で朗らかに踊る淑女紳士の姿が目に浮かびます。

 そして素晴らしいのはそんなに英国然としながら、しかも世界的な一般人にはあまり浸透していない英国トラッドベースの歌と演奏のくせに思い切りポップで軽やかで聴きやすいという、実に面白い…というか多分自然な音なんだろうなぁ、こういうのって。人間的に。だから国籍とか問わずに聴きやすいんじゃないかと。日本の演歌って外人が聴いても聴きやすいメロディだろうし、それと一緒で英国のこういうメロディや音色も同じなんだと思う。12弦ギターやフィドルは笛の響きにナチュラルで軽やかなマディ・プライアの歌声…、そして踊りたくなるブギ中心のリズムで軽快に…。うん、これだけ素晴らしい音なのに日本では紙ジャケの再リリースにはなってないんだ?それどころかリマスターも出てないのか?ふ〜む…、イマイチ売れないんだろうねぇ。もったいない。

 昔スティーライ・スパンに出会った時に、しばらくしてえらく気に入ったことに気付いてライブのビデオを手に入れて見たらさ、思っていたのと全然違う雰囲気でもの凄く明るく大らかに演奏して歌っていたワケよ。それまではレコード…しかも初期のしか聴いてなかったからもっと重苦しいものを想像していたんだけど、それが見事に野外の開けたところでのオープンなライブで、へぇ〜って感じ。英国は深い…とその頃も思ったが、最後にはこの「Steeleye Span - All Around My Hat - All Around My Hat All Around My Hat」で踊って終わってたな。DVDも出ているじゃないか、と驚いた。うん、良い作品です。タイトルは「20th Anniversary Celebration」だそうで。

Ashley Hutchings - Morris On

Morris on (Reis)  ちょっと堅い話かもしれないんだけど、英国伝承音楽の歴史を紐解いて行くとえらく深いところに行き着いてしまって、アシュリー・ハッチングスもそこに行き当たることになる。英国では伝統的にダンス音楽というものが継承されてきていたが、もちろん口頭による伝承音楽であったため文化としての形が残っておらず半ば消えかかっていたと言う。それをセシル・シャープという人が1899年に発掘、再発見して以来きちんとした形、例えば譜面などで残しておくべきだということに落ち着いたが、それを更にロックバンドが演奏するということでメジャーな音楽に仕立て上げたのがアシュレー・ハッチングスということになるんだろう。そいつを実践したのは1972年、はたまた英国フォーク仲間を多数集めて制作されたのが「Morris On」と云う作品。

 参加メンバーは恒例リチャード・トンプソン、デイヴ・マタックス、ジョン・カークパトリックなどなどに加え、もちろんハッチングスの奥方シャーリー・コリンズなどこれまた多数でこの英国伝承ダンス音楽を再演したものだ。もちろん古楽器が中心になり、コーラスワークもさすがのものだが、曲の骨格がもちろんトラッドフォークとは大きく異なるのでその延長で聴いてしまうとちょっと「ん?」って感じではあるんだけど、フィドルやアコーディオンっつうのがやっぱりノリの良い演出を施していて、元来ジグサウンドの好きな自分としては問題なし♪

 そんなウワサを聴いて最初にこのアルバムを聴いた時はいきなりフィドルの長いイントロからして驚いた…。その後に続くのはコーラスだけのアカペラで歌われる「Gleensleeves」だしさ(笑)。その次くらいからようやくそれらしいサウンドが聴けてくるので、ま、一枚でそれなりの物語展開らしく作っているんでしょう。小難しく解釈すると8分の6拍子調のジグに4拍子のリールが強烈に効いているみたいな感じが英国ダンス音楽の基本っつうことで以降どのバンドもこれに習ってダンス音楽を強調しているらしい。それにしてもこのアルバムジャケットのおちゃらけた格好のことと云ったらニューヨーク・ドールズも真っ青でしょ(笑)。ジョークの好きな英国人ならではの文化だね。

 またこの続編作品として1976年にはマーティン・カーシーやサイモン・ニコルやシャーリーなどで「Sons of Morris On」をリリースしているので、同じようなサウンドを楽しむことができるのもマニア的に嬉しいところかな。こういうのって別アーティストで探すのって結構大変だし。…と思ったら2002年には更に唐突に30周年記念てなことかどうか知らないが「Grandson of Morris On」というアルバムをリリース(笑)。ここまで来るとさすがだ、と思ってしまう。ハッチングスと言う人はピート・タウンジェンド以上にこだわりを見せる歴史の追随者なのだろう。ここまではさすがに聴いていないので実際のサウンドがどんな感じなのか知らないが、多分、そのままなんだろうなぁと(笑)。

 この辺まで漁っておくとさすがに英国ロックバンドがある程度変わったことやってても大体分かってくるんだよね。もっとも正当派のポップス路線ってのもあるので、ま、その辺はビートルズ当たりから入ってれば大丈夫だろうけど、こういうのはね、ビートルズからは漁れない。でも彼等はやってるんだよな…。で、Zepは面白い、実に面白い。こういうトコロまで行けるってのが良い。で、それを受け止めるだけのキャパが英国ロックにはあるんだなぁ。これが凄い。う〜ん、まじまじと感動(笑)。

Maddy Prior & June Tabor - Silly Sisters

Silly Sisters 英国の伝承音楽を歌う女性がこうまで多いものかというのは割と不思議。日本で言えば民謡歌手がどんどんとメジャーのフィールドにどんどん出てくるというようなものだ。もちろんそういうのを聞かないワケじゃないけど、何年かに一度くらいでしょ?沖縄民謡とか島唄とかをアレンジして出てくるものってのはさ。ま、英国のこのヘンのトラッドをアレンジしたモノってのもそんなにメジャーなフィールドじゃないのかもしれないけど、それでも遠い島国である日本にこれだけ情報が入ってくるんだからやっぱそれなりではないかと。その辺の感覚ってのはまたマニアックに違う部分があるとは思うけど…。

 1976年にリリースされた「Silly Sisters」。当時では既に知名度も実力もしっかりと知れ渡っていたスティーライ・スパンのマディ・プライアがほぼ無名だったジューン・テイバーという女性シンガーとトラディショナルを歌い上げるというアルバムをリリース。二人の活動はシリー・シスターズとして名付けられ1988年に二枚目「No More to the Dance」をリリースしている。

 自分もまだよくわかってないんだけど、英国のトラディショナルな曲とアイルランドのトラッドが同時に存在している珍しいアルバムなのだそうだ。このあたりから後では英国ものとアイルランドものは割と分けられていることが多いそうだ。もっともこの辺はアシュレー・ハッチングスの偏執的なまでな英国のこだわりがその元祖を探求することで起源を明確にしたということにも関係があるのかな。確かにケルティックな旋律の曲もあるけど、ふたりでどことなく恐ろしい歌詞を歌い上げる旋律の曲もあるので、多分英国側のトラッドだろうな、これ。

 全体的に全然ソフトなアルバムじゃなくってさ(笑)。もちろんその筋ではメジャーなマーティン・カーシーやニック・ジョーンズやダニー・トンプソンなんてのも参加しているから思い切りそういう音しているんだけど、やっぱマディ・プライアの歌なのかな、硬質という印象。相対するジューン・テイバーもソフトな歌声ではないからやっぱり冷たい感じはあるなぁ。こういうところが好きなんだけど(笑)。うん、でも音は確かにトラッドフォークを垣間見れる素晴らしい出来映えだと思う。こういったのはどんどんと上手い人達がレコーディングしていくべきものだもんな。

 ジューン・テイバーはこの年に自身のソロアルバムをリリースしてデビュー。以降コンスタントにアルバムを出し続けているのでやっぱり実力のある女性だったワケで、今はもう重鎮扱いなんじゃないかな。

Maddy Prior & JTim Heart - Summer Solstice

サマー・ソルスティス(紙ジャケット仕様)  トラッドフォークには進まないと言いつつも、やっぱりマディ・プライアさんの歌声が気になったのでもうひとつ紹介を…(笑)。いやぁ、ポップで明るいのもいいけど、やっぱり英国トラッドの原点に戻って質素に歌い上げるのも良いじゃないか、ってなことでマディ・プライアと相棒のティム・ハートがデュオ名義でスティーライ・スパン結成以前から発表していたアルバムの三枚目…かな?

Maddy Prior & Tim Hart - Scarborough Fair - The Best of English Folk The Best of English Folk Maddy Prior - Collections - A Very Best Of 1995 To 2005 A Very Best Of 1995 To 2005

 「サマー・ソルスティス」っつう作品で日本語では「夏至」ってなモンですが…、ま、時期的には良いか(笑)。いや、それで、1971年のリリースなのでスティーライ・スパンでもうバリバリに重いフォークをやってるコトなんだけど、それとは全く相反する…と言うかもともと二人のデュオ作品ってのはこういう傾向なんだけど、純粋にフォークなんだよな。しかもマディ・プライアとティム・ハートが相互に歌うという素朴なもので、売れるとは到底思えないんだけど、基本的な英国トラッドフォークの男女混合ボーカル作品。スティーライ・スパンとは完全に別次元の作品なので、やっぱり重さに疲れたのかシンプルな原点に戻りたかったのかってのが出てるんだけど、もちろん悪くない。と言っても滅茶苦茶良いか?と問われるとそうでもないとは思うけど…、いや、よくわかんないんだよね。こういう世界ってどれ聴いても良いなぁ〜って思うから、名盤かどうかと言われても多分そうなんだと思ってる、としか言えない(笑)。悪かったら40年も残ってないでしょ(笑)。

 ホントにシンプルなフォークです。歌声を聴かせまくる、ってな感じで歌い上げている。アカペラ曲まであるしね。それでもってこちらはリマスター紙ジャケシリーズとしてもリリースされているんだから面白い。マニアックと言えばマニアックだけど、リマスターの意味あるんだろうか(笑)?それと、調べきってないのでよくわからないんだけど、さっきアマゾンで見てたらアルバムジャケットが二種類あるんだよな…。どっちから米盤でどっちかが英盤だろうとは思うんだが…、よくわからん。こんなので二種類もジャケットがあるってのもこれまた不思議だけど、どちらも牧歌的でよろしいね。

PageTop このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.