Fotheringay / Sandy Denny



Fotheringay (Sandy Denny) - Fotheringay

Fotheringay  英国フォーク界には美しい声の持ち主がわんさかといて、女性ボーカルの美しさを持つ人というのも多数いるんだけど、その中でもペンタングルのジャッキー・マクシーよりも更に美しくそして心の籠もった、人の心を揺さぶる歌声でリスナーをノックアウトしてしまうのが何と云っても英国フォーク界の至宝サンディ・デニーです。普通はフェアポート・コンベンションあたりから書かれる方が多いんだろうけど、何となく流れでサンディ・デニーがフェアポート脱退後に夫のトレヴァー・ルーカスと共に結成したバンド、フォザリンゲイから書き始めてみようかな。

 フォザリンゲイは1970年にアルバム一枚しかリリースされなくて知名度的にもさほどないグループに終わったもののここで聴けるサンデイの歌声というのは正に絶頂期ではないかと思えるくらいに艶めいている。もちろん恋の要因というのが大きいのかもしれないが、それも芸の肥やし♪ 英国伝統音楽をベースにしっかりとエレクトリックも使いつつ、サンディの歌とトレヴァーの歌とが入り交じっている夫婦バンドで、単純に英国フォークの一バンドとして見ても男女の歌声のバランスも丁度良くて心地良い。トレーダー・ホーンをもう少し派手にしたような感じだろうか…、ってそっちの方がわかんないよな(笑)。そんな素敵なアルバムも紙ジャケ化されていたんですね。しかも今入手できるCDではボーナストラックとしてライブバージョンがいくつも収録されているようなのでお買い得かも。このボーナストラック聴いてみたいな…。

 その後すぐの1971年、ようやく待望のファーストソロアルバム「North Star Grassman and the Ravens 」がリリースされ、参加しているメンツもリチャード・トンプソンと元フォザリンゲイという状態なので何となくフェアポート勢の再結成みたいなもんだ。内容の方もしっかりとフェアポート時代に聴き慣れたデニーの歌い回しがそこかしこで聴くことが出来て、ちょっと音が派手になった感じはあるものの、やはり最高の時期の作品なので聴いているとハマる(笑)。そして驚くなかれ、ここでもまた「Black Waterside」を聴くことができるのだ。ジミー・ペイジのパクりっなんてのはここまでアチコチで聴けるとなると時代的には早かったもののしっかり響く人達には響くフォークの代表作だったんですね。そういえばサンディ・デニーってツェッペリンの歴史の中で唯一アルバムに参加したゲストなんだよな。アレも美しいもんなぁ…。

 そのサンディだが最後は実にあっけなく亡くなってしまったのが実に残念。1978年に亡くなったのでいわゆるラストライブとして語られる「Gold Dust: Live At The Royalty Theater」というアルバムが記念碑的にリリースされている。1977年11月27日に相変わらずの面々を従えてのライブを収録したもので涙なくして聴けないな、これも。もちろんフォザリンゲイの曲も歌われているし、何よりも「Who Knows Where the Time Goes?」が最後にしっかりと歌われているのが哀しいね。

 う〜ん、やっぱりフォークには女性ボーカルが似合う、そしてこのサンディ・デニーと言う人の歌声には綺麗とか美しいというだけでなく、独特の歌い回しと味のある艶めいた歌声が良いんだろうなぁ。改めて聴くと、やっぱり紅茶を飲みながらしっとりと寒い部屋で静かに聴くのが一番似合ってる声質かな(笑)。

Sandy Denny - Sandy Denny

Sandy  英国トラッドフォークの歌い手として最も有名な人、サンディ・デニー。ロックファンにはレッド・ツェッペリンの「Led Zeppelin IV」での「限りなき戦い」でプラントと掛け合いで歌っているボーカリストとして知られている、はず(笑)。1971年時点で彼女をチョイスするというのもさすがにZepの面々の音楽センスが光るというものだ。まぁ、Fairport Conventionで既に話題になっていたからだとは思うけど、そういう時代的感覚は後追いではわからないんだよなぁ。しかも英国の話だからねぇ…。

 1972年リリースのサンディ・デニー、ソロアルバム二枚目の作品。二枚目にしてタイトルが「Sandy」なのだから面白いというか気合い新たにと言うか。ファーストアルバム「The North Star Grassman and the Ravens」のキーフのジャケットとはちょっと変わり新たなる決意を胸にというような顔面ジャケなので出てくる音を期待するのだが、しっかりとトラッドフォーク色に染まったサウンドで、サンディ・デニーの独特の高いトーンでの歌声が収められた傑作。エレクトリックトラッドの世界を体現している作品でもあるのでやっぱ聴いておくとサンディ・デニーという人のスタイルが丸裸で出てくるので美しい。これぞ英国トラッドの鏡と言わんばかりに泣かせてくれる。ペダル・スティールの美しい「ItSuite Me Well」は名曲!

 フェアポート・コンヴェンションでの活動が取り上げられることが多く、ソロ作についてはやはりバンド時代よりも大人しかったという印象もある人なんだけどね、自分はZepから入ったからソロ作から聴いた。ファースト「The North Star Grassman and the Ravens」ね。うん、全然わかんなかった(笑)。ただ、独自の世界だなぁ〜なんて思ってたけど、こういうのは徐々に慣れていくもので、聴いているウチに凄い発見をしていくんだよ。ロックでは出てこない音使いとか音そのものとかスケールとか、それって何?ってのが多分トラッドフォークへの入り口。一回りするとその融合の面白さがわかってくるから楽しい。そうやって今こういう世界を楽しんでるね。

 サンディ・デニーの世界は時間かかったけど、聴いて良かったなぁ〜と思える歌い手となるのは間違いないね。ゲスト陣、というか周囲の人間にしてもトレヴァー・ルーカスやリチャード・トンプソンなど個性的な人がサポートしているのでもちろん作品的に楽しめるものになるし、やっぱりなによりも浸れるってのが大きいな。ベスト盤でも良いから持ってるといつかわかってくる音楽です(笑)。

Sandy Denny - The North Star Grassman and the Ravens

The North Star Grassman and the Ravens  音楽ってのは季節も時間も天気も選ぶことがある。今の季節頃にはあまり聴きたいと思うことが多くないのかもしれない音楽ってのもある。やっぱり秋から冬にかけて聴いていたいなぁ〜と思える音が自分にはあってさ、多分トラッドフォークとかってのは土地柄の音楽だから、どうしてもそういう時期を選んでしまうんだけど…、ちょっと前に紙ジャケシリーズで再発したもんだから、聴きたくなったなぁ…と思って、季節感を無視して手に取って聴いてしまいました♪

 1971年リリースのサンディ・デニー最初のソロアルバム「The North Star Grassman and the Ravens」。もうねぇ、いきなり名盤ですよ、最初から。もっともストローブス、フェアポート、フォザリンゲイと活動した後のソロアルバムなので今更って感じもあるけど、それにしてもここまでの名演、名唄ってのはなかなかできないでしょう。環境的にもテンション的にも素晴らしく全てがマッチした傑作でして…、うん、電車の中とか暑苦しい時に聴くものではなくってエアコンの聴いた夜中にひっそりと聴くものです(笑)。

 フォザリンゲイの幻のセカンドアルバム「2」が発掘されたおかげでこの「The North Star Grassman and the Ravens」の位置付けがよくわかったんだけど、そもそもフォザリンゲイで出来上がっていた楽曲も多かったんだね。しかもメンツはほぼそのままにサンディ・デニーのソロアルバムで再度セッションってのは面白い。フォザリンゲイでは売れないだろうってことで解体させられたのが、結局メンツ一緒なんだもん。もっともリチャード・トンプソンという逸材をギターに配することで、思い切り幅が広がっていくんだけどさ。そのリチャード・トンプソンのギターがこれまたアルバム全編で素晴らしく響いていてですねぇ…、この人のギターはホントに個性的で心に染みます。そしてもちろんサンディ・デニーの何とも言えない綺麗な歌声がね…、これまた感動するんだよ。曲も素晴らしく良いし…、オリジナルもカバー曲も何も全てひとつの歌声と演奏で出来上がっているから全く違和感なく迫ってくる。素晴らしい…。

 アルバムジャケットも思い切り英国的だし、もうねぇ、言うことないくらいなんだけど、普通に聴くと多分ピンと来ない人多いと思う。割と攻略するの難しい人だと思うもん。自分もトラッドも含めてこの人には何十回となくトライしてトライして、やっとわかってきたのはまだ10年も経ってないかもしれない。それくらい深いけど、その分今後聴く回数は何かと多くなるんだろうなぁというアルバム。聴かないと、というよりも接して肌で感じないと損するよ、このアルバム「The North Star Grassman and the Ravens」は♪

PageTop このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.