Richard Thompson / Richard And Linda Thompson



Richard Thompson - Henry The Human Fly!

Henry the Human Fly  ギタリストのソロアルバムと言うよりも一人のシンガーとしての可能性を思い切り前に出し、そして大衆にも感じさせてしまった、そして未来を築いていうサウンドの原点をも打ち出してしまったとも言える傑作アルバムをリリースした英国の最も英国らしいギタリスト、リチャード・トンプソン。この人の個性というのか良さというのか独自性はなかなかすぐには伝わらないんだけど、聞いてみてハマってみるととんでもなく心地良く聞こえるので是非試して貰いたい音ですね。

 1972年リリースのソロ作最初の作品「Henry the Human Fly」という仮想サントラアルバム、とでも言うべきものなのか…、アルバムの意味はよくわかってないんだけどさ(笑)。うん、直前までフェアポート・コンヴェンションで精力的に活動していたワケで、アルバム「Angel Delight」制作中に脱退してしまって、音楽性の違いと言われてはいたけど、客観的に聞いてみると何で脱退したのかよくわからない。だってフェアポート・コンヴェンションの「Angel Delight」っつうアルバムだって相当の傑作で、このソロアルバムと滅茶苦茶音楽性が違うというものでもないように聞こえるからね。でも多分、それ以外の要素も多かったのか、素人にはわからないレベルでの音楽性の違いってのがあったのか…。しかし脱退してからアチコチセッションもあったんだろうけどさっとソロアルバムの制作に走ったあたりさ正解。この頃のリチャード・トンプソンは明らかに絶頂期で、作曲にしてもギタープレイにしても天賦の才を披露しまくっていた時期で、そのおかげでこういった非常に独特のアルバムが聞けるわけなのだ。

ロックファンの皆はこれを聞いても特にロックだとは思わないでしょう。だってビートにガンガン乗ったロックじゃないし、とんがってるワケでもないから。それよりも基本的にトラッドフォークの英国的な空気が支配していて、そこにエレクトリックとアコースティックのギターの音色が重厚に重なってきて、アコーディオンがあったりトロンボーンがあったり、もちろんフィドルがあったりするので決してロックではない。ただ、こういった音を重ねて創り上げる手法はロックだよなぁ…と。いや、それもどっちでも良くて、ほのぼのとした空気の中で美しい旋律を奏でて、そして聞き手を現実から逃避させてくれる…。更にギターという楽器の可能性も広げてくれたという意味ではもの凄く革新的でレベルの高いサウンドを楽しませてくれるのだ。

 ゲスト陣も凄い。もちろんのことながらフェアポート・コンヴェンション勢から多数参加しているし、サンディ・デニーだって参加しているさ。後に奥方となるリンダも参加しているし、個人的にはやっぱりシュレー・ハッチングスが嬉しい参加だけど、残念なのはデヴ・マタックスのドラムじゃかなったことくらいかな。しかしまぁ、見事なアルバムだ。ホントに単なるギタリストでは終われない人だし、バンドの一員としてだけでも勿体ない。しかし彼のこの才能がもっと開花するチャンスは以降それほど多くなかったのだった…。故に本作は燦然と輝く傑作として価値があるのかもしれない。

Richard And Linda Thompson - I Want To See The Bright Lights Tonig

I Want to See the Bright Lights Tonight  英国伝承音楽の道をメジャーにしたのがアシュリー・ハッチングスとするとその中でも更に磨きをかけた英国的ギターサウンドを一気に表現したスペシャリストと言えばリチャード・トンプソンを於いて他にいない。表立った活動として頭角を現してきたのはフェアポート・コンヴェンションに遡ることとなるが、サンディ・デニーとともにフェアポートのセカンドアルバムに参加し、そのギターセンスを披露してからというもの、フェアポートではサンディが脱退した後の「Full House」及び何度も名盤と書いてしまう「House Full Live」に残された名演奏がリチャード・トンプソンの名を決定的にする。

 その後はその世界では引っ張りだこで多分仕事に困ったことないんだろうなぁと言うくらいに実にアチコチでその名がクレジットされたレコードを目にするが、1972年ようやく初の自身のソロアルバム「Staring As Henry The Human Fly」を発表。冒頭のイントロからしてもうリチャード・トンプソン以外の何者でもないギターの音で、名盤とまでは言わないがもの凄く個性的な独自サウンドを全面に出した作品。まぁ、そういう意味では他人とのセッションの方が気楽にのびのびと弾いているような気もするが、どこからどう切っても英国的な香りしかしないギターの音色は真似できる人はいないくらいの独自性。コレにハマるとまっすぐ深みにハマります(笑)。もちろんアシュレー・ハッチングスも歌でゲスト参加していたりアコーディオンではジョン・カークパトリックが参加していたり、何と云ってもここでも全盛期のサンディ・デニーも参加しているので正に英国トラッド勢の集合アルバム的ニュアンスも強い。いや、久々に聴くけどこんなに良いアルバムだっけ?

 でもって、その後はリンダ姫と結婚してリチャード&リンダ・トンプソンとしてアルバムをリリースしていくが、中でも二人のセカンドアルバムとなる「I Want To See The Bright Lights Tonight」が一番好きかな。音色の豊かさはいつものことながら、何というのか音に幸せがいっぱい入っていて、しかもアコギとエレキが実にほど良いバランスで流れており、それでいてトラッドの色もあるんだけど、かなりオリジナリティのにじみ出ている作品でリンダの声もこうして聴いてしまうとなかなか悪くないのでやはりここも英国人なのだろうか。二曲目の「The Calvary Cross」なんてイントロのギターを聴いているとジミー・ペイジの「Black Mountain Side - White Summer」あたりと全くフィーリングが同じで、且つこちらの方が音色の艶めきがあるというのも素晴らしい。

 一般的にあまり知名度のある作品群でもないんだけど、Zepと同じルーツからまったく異なるサウンドに変化していったエレクトリックトラッドのギタリストとしてのサウンドは実に面白い。よくクラプトンあたりと比較されるが、全くリチャード・トンプソンの英国的ギターに関してクラプトンは比較にならない。もちろん彼はブルースというものを自身で昇華しているので比較論がナンセンスなんだけど、リチャード・トンプソンのサウンドの方が深みがあって良いよ〜。最近キャリア集大成という意味でのボックスセットも出たらしいのでお得なセットが入手しやすいみたい。

PageTop このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.