Pentangle / John Renbourn / Bert Jansch



<

Pentangle - Cruel Sister

Cruel Sister  バート・ヤンシュ、ジョン・レンボーンという英国フォーク界二人のギタリストが想いを込めて結成したグループがペンタングルで、その相乗効果は英国音楽に於いて見事に傷跡を残し、今でも語り継がれるバンドになっている。もちろん美しき歌声を聴かせるジャッキー・マクシーの引き込まれるような声が拍車をかけていることもわすれてはいけない。また音楽的にも変化に富んだバンドで、基本的にアコースティック楽器ばかりでの演奏なのだが、ジャズ風中近東風インド風もちろん英国伝承音楽風バロック風、そしてアレンジではモロなものからポップス調、ロック調とこれもまた多岐に渡る曲の数々を聴かせてくれるのもさすが。

 中でも名作と呼ばれるのは「Basket of Light」という作品で、非常に聴きやすく、且つ両巨頭のギターの音色の響き、ジャッキー・マクシーの歌声の美しさなどが顕著に出ていて、しかも曲調がかなりポップス寄りに仕上げられているので初心者でもオススメできるくらい華麗な作品。ジャケットは一見何かと思うんだけど大きくしてみるとなかなか面白い風景なのでこれもアナログだとよくわかっていいんだけどなぁ。ちょっと前に紙ジャケでリリースされたらしいけどCDサイズではちょっと面白くないアルバムジャケットだね。

 で、個人的にはこの翌年1970年にリリースされた「Cruel Sister」の方が好み。英国フォークのくせにアルバム収録曲が全部で5曲っつうのが良い(笑)。もちろん短いアルバムという意味ではないんだけど、サウンドが実に純然たる英国伝承音楽的なものに戻ってきており、そこには特に市場を意識した形跡があまり見られなくて素朴なトラッドの作品として聴けるからだ。ある種このバンドはジャズ・ブルースに根付いた作風が多かったのでここまで純粋にトラッドしてるのは本作だけかもしれない。ジョン・レンボーンのソロ作での同様の作風だったのできっとそういう方面にハマった時期なんだと思う。こちらも最初から美しいギターの音色とマクシーの声がマッチしていてやっぱりハマる(笑)。

 ペンタングルってギターとかだけでなくその周辺を彩る楽器がタブラだったりマンドリンっぽかったりして凄く賑やかなんだけど落ち着いて聴けるという面白さがあるね。女性ボーカルに対して聖歌のようなバリトンコーラスってのも凄く荘厳でかっこよいし、英国の伝統ってやっぱり凄い。バート・ヤンシュの「Jack Orion」がここで復活しているのも何となく馴染みやすい理由かな…。

John Renbourn - A Maid In Bedlam

Maid in Bedlam  英国とは実に深い懐を持った文化的な国だと思う。バート・ヤンシュと共に時代を生き、早くから一緒に共演していたジョン・レンボーンもギターミュージックの先駆者であり、その方向性嗜好性もいつの間にか英国伝承音楽の探究者へと進むのである。

 もちろん全部の作品を聴いているわけではないのだが、よく聴いたのが「Maid in Bedlam」という1977年のジョン・レンボーン・グループになってからの作品で、最初の「Black Waterside」からバート・ヤンシュのそれとは異なるアプローチでの収録、そしてペンタングル時代からの友人となるジャッキー・マクシーがアルバム全編に渡り歌を歌っていることからとても美しく透明感溢れるサウンドに仕上がっている…、こういう曲を知っていながらも演奏して収録してしまうと言うのも英国的なヒネたセンスなのだろうか。それにしても全編に渡って透明感溢れるギターの音色とマクシーの歌声、更に低音バリトンの男性コーラスが絡み、フィドルの響きが淡々と曲を奏でていくタイトル曲の美しさは本作品の中で最も美しく英国的な音ではないだろうか。あぁ、英国の森に想いを馳せてしまうなぁ…。高貴で優雅なアルバムジャケットも収められているサウンドを表現するに相応しい、全く全てが美しい英国フォークの名作。

 もう一枚遡ってペンタングル時代に発表した名作と言われる「The Lady and the Unicorn」も重要な位置付けとされる作品で、元々好きだった音楽はペンタングルでプレイしていたためかここでのソロ作品では正に英国伝承音楽から中世音楽的なサウンドが中心になったギターミュージック作品。こちらもアルバムジャケットが美しくて素晴らしい…。後年になると多々セッション活動なども行ったらしいけど、ステファン・グロスマンとのセッションアルバムはどれもギタリスト同士の面白い会話が聴けるような作品でBGM的に聴くことが多い。ソロ作品の優雅さとは異なりイージーリスニング的に聴けるこちらのサウンドもなかなか味のあるものだ。う〜ん、英国は深い。

John Renbourn - The Nine Maidens

The Nine Maidens  一般的にイージーリスニングとしてしか位置付けられない音楽というものの中にはとんでもない人達の演奏なんてのもあったりする。昔驚いたのはあのソフトマシーンのカールジェンキンスとマイク・ラトリッジよるアディエマスというユニットが売れてイージーリスニングの最たるモノみたいに取り上げられた時かな。おいおい、ってなもんで、そこらの女の子からアディエマスの音楽ってほっとしていいですよね〜って言われた時はどうすっかと思った(笑)。まぁ、そこまでは言わないけど歌とかがあまりなかったりして喫茶店とか適当なところで流れていたりすると単なるBGMになってしまうし、そこには才能というアーティストの顔は見えてこないんだよな。それでもいいんだ、ってひともいっぱいいるんだろうけど、やっぱ演奏者ってのは一生懸命なんだからねぇ。

 そんな世界にいつしか自分を移していってしまった人、かもしれない。いや、とことん好きなギターによる組曲を構成して一大絵巻物語を構築したんだ、っていうだけなんだが、そのどちらとしても素晴らしい作品を仕上げたジョン・レンボーン。1985年リリースの傑作と誉れ高い「The Nine Maidens」です。「9人の処女」という非常に宗教的というかそういう世界を知らないとよく理解できないくらいに聖なる物語的なものなんだろうね。

 音世界はと言えば、これまた非常に美しく軽々しく語れない、実に神々しい世界を奏でていて、その大部分はフォークギターだけで構成されていて、色を添えるためにリュートや笛やリズムが加えられているんだけど、とにかく綺麗。CDだと全6曲入りなんだけど最後の「The Nine Maidens」というタイトル曲は13分半にも渡る大作で、実にドラマティックに奏でられていてハマっていく。もっともアルバム最初から聴いていると起承転結もしっかりと織り込まれて正にひとつの物語を奏でているように雰囲気が変わり、そして聴いている人をその世界に誘ってくれるという見事なもの。

 タイトル通りの世界をこの音世界に被せるとしたら、やっぱり喜劇ではなくって悲劇なのかなという音世界なので、歌がなくともどういうことが言いたいのかは伝わるということか。ギターの技術ももちろん正確無比なものなんだけど特にその技術を披露しているというワケじゃないと思う。ただ、こういう音を紡ぎ出すって難しいだろうなぁと。一人でひっそりと静かなトコロで目を閉じて物語の情景を浮かべながら聴きたいサウンドだね。

Bert Jansch - Rosemary Lane

Rosemary Lane  1960年代、三大ギタリストと呼ばれるクラプトン、ベック、ペイジやストーンズの面々など多くの英国ギタリスト達がこぞって夢中になった音楽がアメリカ本場の黒人ブルースや英国内ではスキッフルと呼ばれる音楽だったことは既に有名で、ほとんどのギター少年はいずれかに夢中になってギターを一日中弾きまくっていたと云う。もちろんジミー・ペイジも同様だったが彼の面白いトコロはそれ以前にもちろんエルビス・プレスリーにも夢中だったようだが、その時にプレスリーだけではなくギターを弾いていたスコッティ・ムーアに大層興味を抱き、そのフレーズを散々コピーしまくったらしい。その後、皆が皆ブルースにどっぷりとハマっていく最中、一方では英国伝承音楽をギターで弾き語るバート・ヤンシュと云う孤高のギタリストに出会い、後のペイジのギタースタイルに大きな影響を及ぼすこととなるのであった…。

 バート・ヤンシュは1965年にデビューした英国フォーク伝承音楽を奏でるギタリストで当時は時代的にもボブ・ディランの対抗馬的に語られていたようだが、どちらも自国の伝承音楽に敬意を払い音楽を演奏していたという点では共通だろう。そしてその武器がフォークギターだったという点も似通っているが、やっていることには大きな隔たりがあった。バート・ヤンシュの奏でる素朴なサウンドは1966年リリースの三枚目の作品「Jack Orion」で後のペイジが偉大なるパクりとして作ることとなる「Blackwaterside」(=Zepでは「Black Mountain Side」だね)を収録していてその筋では有名だろう。このアルバムでは既にジョン・レンボーンを迎えて二作目となる作品でおりトラッドフォーク寄りの作風となりインストのギター曲が実に美しい。あぁ英国的だなぁ…。その後1967年には英国トラッドフォーク界きっての名バンドとなるペンタングルを結成し、多様なサウンドに占められたアルバムを発表していくが、この時期以降、ソロイストとして活躍する中での名作は「Rosemary Lane」 がよく挙げられる。自分も全作品を聞いているワケではないので何とも言えないんだけど、この作品での楽曲群はフォークの概念を取り払ってくれる優雅というのか崇高というのか、高貴な実に英国的気風を持ったアルバムでジャケットの美しさと共に好きな作品。

 キャリアが長いのでどれもこれもとなってしまいがちなんだけど、取り急ぎのトコロはこの「Rosemary Lane」ベスト盤くらいで良いんじゃないかなと思う。しかししっかりと日本にはマニアが存在していたらしく2004年には紙ジャケで初期の作品全てがリリースされているのだから驚く。故にまだ入手可能というところが良いね。

Bert Jansch - Collection

Collection  ジョン・レンボーンの名が出れば、自ずとバート・ヤンシュという名も出てくるだろう。まぁ、ペンタングルという解釈もあるんだけどさ。この二人のギター奏法の大きく異なるトコロはと言えば、圧倒的に室内楽的要素が強いのがジョン・レンボーンで、泥臭い音楽を聴かせるのがバート・ヤンシュという感じかな。巧いとかテクニックとかという問題じゃなくて、そもそもの方向性とか持っている目指すべきものなんかの違いだろうということだけどね。まぁ、最近の作品まで全部追っかけているというようなファンではないので、あまり書けることは多くないんだけどね。

 手元にあったベスト盤「Collection」を聴いたので、その辺から…。多分1965年のデビューアルバムから1971年の名盤「Rosemary Lane」までの作品からのベストチョイス盤らしきもので、まぁ、例によって適当な値段だったので入手っていうところなんだけど、いや、マジメに聴いているとさすがジミー・ペイジが徹底的に勉強したというだけのことはあって、歌よりもギターが全然面白い。よく言われているツェッペリンの「Black Mountain Side」はこの人の「Blackwater Side」のパクリという話なんだけど、もちろんそれは事実でして(笑)、いや、それは良いんだけど、ベンドして開放弦というような印象的なフレージングはあらゆる曲の繋ぎに使われていて、ベスト盤なんていう形、しかも年代順になっているとそれがよくわかる。ちなみにこのCDでは「So Long (Been On The Road So Long)」「Blackwater Side」「Rabbit Run」なんて感じで全部あのベンド奏法が多用された曲で、バート・ヤンシュの手癖によるものなんだというのがよくわかる。

 もちろんそういう目立つトコロ以外にも特徴的な点は多くって、地味だけど恐ろしいまでのフィンガーピッキングが聴ける初期の曲や、更に広がりを持ち始めた70年前後の作品あたりも相当に追求する価値がある。名盤「Rosemary Lane」あたりからの選曲になると女性の歌声も入ってきて一気にトラッドフォーク的サウンドに幅が広がっていることもわかるだろう。もちろんペンタングル結成中のソロアルバムなので当然の影響ではあるんだけど(笑)。ま、ギタリスト的にだけ見てはいけないってことで、しっかりと音楽的幅を広げて展開しているっつうことだね。

 あ、全然ロックではありません、当たり前だけど。フォーク、しかもギタリストのためのフォークに近いので静かにそよ風に当たって聴いていると心地良いんじゃないかなぁ。BGMにすると少々泥臭すぎるかもしれない、そんな人の作品です。

PageTop このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.