Fairport Convention



Fairport Convention - Fairport Convention

Fairport Convention 英国トラッドフォークの大御所バンドとも言われるのはもちろんフェアポート・コンヴェンションという事となるし、実際にここからの派生バンドが英国トラッドフォークの世界を世界に広げた伝承者でもある。そういう意味でジャズで言うところのマイルス・デイヴィスみたいなもんだ。巣立った人がどんどん世界を広げていくっつう意味でね。そんなフェアポート・コンヴェンションも最初期にはかなり色々と試行錯誤を繰り返していたワケでして、そういう名残をあまり取り上げられないファーストアルバム「Fairport Convention」で聴くことができます。

 1968年リリースのファーストアルバム「Fairport Convention」。何せボーカルがまだジュディ・ダイブルなのでサンディ・デニー時代の歌声ももちろん違うんだけど、やってる音世界が全然違う。もしかするとこの流れに入れてはいけないくらいにエレクトリックでサイケデリックな雰囲気を醸し出した楽曲で占められている。それはもちろんカバー曲を多く収録しているというのもあるからだけど、雰囲気はモロにジェファーソン・エアプレーンだし、ジョニ・ミッチェルやディランのカバーだから余計に時代の産物さを感じる。3曲目にはイアン・マクドナルドとリチャード・トンプソンが共作した楽曲なんてのがあるんだけど、それですらアメリカのサイケフォークっつうかポップっつうかそんな感じで、リチャード・トンプソンのギターの腕前は既に凄いな〜という域なのだが、曲調としては非凡な作品。悪くないけど、このままの路線ではバンドはそこまで大きくは鳴らなかっただろうと思うもん。

 んで、ジュディ・ダイブルの美しい歌声は冒頭のコーラスワークからステレオ感たっぷりで聴けるのだがやっぱ「Chelsea Morning」が決定版。可愛らしい曲調ってのもあるんだけど、正に60年代後期のポップスとも云える作品で、フェアポート・コンヴェンションってこういう路線のバンドだったの?みたいな驚きがあってよろしい。いや、正直言ってセカンド以降のフェアポート・コンヴェンションとは別のバンドです(笑)。そういう楽しみ方としては十分に楽しめるアルバムなのでこの辺はロックファンが得意な分野じゃないかな。ま、自分みたいに何でも聴く人には凄く楽しめるアルバム♪  ジュディ・ダイブルってこの後にクリムゾンの「風に語りて」を歌うことになるんだよね。イアン・マクドナルドの彼女になったんだっけ?その後ジュディ・ダイブルのソロアルバム「Whorl」で「風に語りて」を再録しているらしい。まだ聴いてないけど、ちょっと興味惹くね。ちなみにジュディ・ダイブル版の「風に語りて」は今ジャイルズ・ジャイルズ&フリップのアウトテイク版「The Brondesbury Tapes (1968)」で聴けるようだ。

Fairport Convention - Liege & Lief

 英国最高の…いや、世界最高峰とも言われるサンディ・デニーの歌声を一躍有名にしたバンドが当然ながらフェアポート・コンヴェンション。…とは云え、実際にサンディ・デニーが参加したアルバムはセカンドアルバム「What We Did on Our Holidays」から「Unhalfbricking」「Liege & Lief」の三枚で、一旦脱退した後70年代中期にまた舞い戻ってきた時の作品がいくつかあるだけなので、実質彼女の名声は初期三枚で確立されたと云えるのだ。

 世間の名盤評など意識したくないのでフェアポートに関しては割とあらゆる作品を聴いているし、自分の耳で判断するようにしている…いや、アチコチでホントに多く評論されているし、そのどれもが「Liege & Lief」に集中する評論になっているので何で〜?ってのもあって、サンディ・デニー脱退後の作品もよく聴く。ロック好きにとっては多分それ以降の「Full House」や「House Full : Live At The LA Troubadour」という作品の方が圧倒的にかっこいいハズ。で、その「Liege & Lief」なんだけど、このアルバムに出会った頃…即ちツェッペリンの「Battle of Evermore」での参加から辿り着いた頃には全然ロックに聞こえなくて、何かピンとこないアルバムという印象しかなく、サンディ・デニーってもなぁ…、くらいのイメージでまだまだロックに飢えていた時期だからなんだろうか、地味な印象しか残っていなかった。しかし、時を経てそれなりに色々と聴くようになるとこのアルバムがそこかしこでクローズアップされてくることを目にするようになるので、ん〜、そうか?って何度も聴くんだが…、何かピンこなかったので、だからこれが絶対の名盤!っていう薦め方はできないね。だから何回か聴いてどこかで「あ〜いいな〜」って思える名盤なワケさ(笑)。深いよな、英国は。

 それよりもサンディ脱退後の「Full House」や「House Full : Live At The LA Troubadour」の方が圧倒的にかっこよくてそこからこのバンドを見直したのが事実。珍しいんじゃないかな、そういう人間も(笑)。でも初期作品はそれこそ何回か聴いてたんで、そりゃもちろん悪いっていう印象ではなく真剣に音を捉えて聴けなかったんだろうな。フォークって感じでロックじゃないじゃん、ってのもあって。で、特に「Live At The Troubadour」を聴いた後は衝撃的だったので収録曲を見直してそのオリジナルスタジオ作品を探して聴くんだけど、これがまた全然印象が違っていて、あぁ、サンディ・デニーが歌ってたのをデイヴ・スゥォーブリックが歌ってたんだ…、よくやるなぁ、なんて感じで聴いているとライブでの熱狂とは全く別物としてサンディの歌声と楽曲の作品の良さに改めて気付き、更にこのバンドがロックバンドだったってことに気付いたのである(笑)。

 「Liege & Lief」。エレクトリックトラッドフォークロックの捨て曲無しの名盤、コレ、やっぱホントだわ(笑)。サンディはともかくリチャード・トンプソンの超英国的ギターも最高だし、デイヴ・マタックスのドラムもフォークバンドには勿体ないくらいのもので、ボンゾ亡き後のZepに参加してもらいたかったくらい。そしてフィドルのデイヴ・スウォーブリック、この人の音色が躍動感を醸し出していて最高。「Matty Groves」におけるフェアポート流壮大な熱気ある、鬼気迫る楽器の応酬はそれだけで鳥肌ものだし、静かめな曲調ではサンディの歌声がしっとりと心に染み入る、そして何よりも好きなのがちょっと「The Lark In The Morning, Rakish Paddy, Fox-Hunter's Jig (Medley)」…というか、こういうジグサウンドって凄く好きで、デイヴの独壇場なんだけど、実に英国的で他では聴けないサウンドなんだよね。アイルランドはもちっと違うケルティックな方なのでこっちのは凄く英国的。後にこの辺が融合されてしまうので嫌気が差してアシュリー・ハッチングスが脱退してしまうんだけど、たまらんね、コレ。サンディの出番は全くないんだけど、最高のリズム。「Toss The Feathers」もあるし♪んでもって続く作品が「Tam Lin」。フェアポート史上最も難しい曲として現在に渡るまでフェアポートのイベントではこの曲を誰が見事に歌えるか、っていうのがひとつの基準にしている節もあり、今では毎年行われるイベントで多種多様の歌手を迎えてこの曲を演奏しているようだ。ま、どれも好評なんで、結局イベントの価値としては成功しているみたいで良いね。それくらいに歌うのが難しいと言われているこの曲はやはりひとつのハイライトなんだな。

 そうそう、サンディの中での永遠の名曲「Who knows where the time goes?」はサードアルバム「Unhalfbricking」に収録されているのでこいつも忘れちゃならないね。このアルバムは…、キリがないのでまた次回(笑)。

Fairport Convention - Full House

フル・ハウス+5(紙ジャケット仕様) Jimmy PageにしてもRobert Plantにしても多分ジョンジーも英国のトラッドフォークの世界ってのはかなり好きな部類だったようで、もっともロバート・プラントはどっちかっつうとアメリカのシンガーソングライターのやってるフォーク系も好きだったようだけど、英国人的な部分はしっかりと吸収済みだし、90年代には自らFairport Conventionと一緒にプレイしているし、まぁ、やっぱりルーツでもある訳だ。ジミー・ペイジにしてもそもそもLed Zeppelinをロックバンドにするかフォークバンドにするかという葛藤もあったらしいし、なるほど自らのギターの腕前とプレイの自信はどちらでもイケるというところか。

Fairport Convention - Full House Full House Fairport Convention - Liege and Lief Liege and Lief

一般的にFairport Conventionと言っても、まぁ知られてはいないだろう…。それでも英国トラッドフォークロックの世界では一番メジャーな部類のバンドでしてね、Led Zeppelinの「Led Zeppelin IV」での「The Battle of Evermore」での女性コーラス部分は丁度Fairport Convention全盛期のSandy Dennyがゲストで歌っているということなのですが、このSandy Dennyって何がスゴイの?ってのがもっと分かるバンドです。アルバム的には初期の数枚と復帰後少々しか参加してないので選ばないとアレなんだが、「Liege & Lief」などは傑作として神々しく輝いているので聴いてみる価値はもちろんあります。

 で、実は今回は「Liege & Lief」の次にリリースされた1970年のアルバムです。…が、ヒネたことにこの「フル・ハウス」にはSandy Dennyは参加してません。すでに脱退後なので女性歌声を期待していた方には残念な作品なんだけどね、いや、そもそもロックとしてはFairport Conventionというバンドの中では最高峰に位置するアルバムですよ。このメンツって一番すごいしライブ「House Full : Live At The LA Troubadour」を聴いてみるとその凄さがヒシヒシと伝わってくるもん。Sandy Dennyも単なるパーツの一部だった、というくらいにバンドが凄い。Led Zeppelinとは全く異なった方向性だけど普通のロックバンドなんて目じゃないくらいのプレイです。

 話をアルバム「フル・ハウス」に戻そう…。えっと…、トラッドフォークバンドではないです。エレクトリック満載で、言い換えると普通に民族色の強いロックバンドで、特徴的にはフィドルが目立っているのともちろんリチャード・トンプソンのなんとも言えない英国的なギターが素晴らしい。そうやって聴いているとデイブ・マタックスのドラムの重さや音ってのもなるほど、これは良いわ、ってことに気づくし、バンドのテンションの高さに驚く。一応バンドの看板でもあったSandy Dennyと音の主役だったアシュレー・ハッチングスが脱退してしまったので残ったメンバーがどこまで何を出来るのか、っていう踏ん張りの精神が見事に才能を開花させているよね。だからある意味一体化したメンバーの決意。それがそのまま聴き手に伝わってくるくらいに見事

。  ハードにグルーブする曲からしっとりと泣かせる曲、コーラスワークを楽しめるパートからフィドルの泣き声を楽しめるシーン、単に踊れるトラッドからの影響下の強いメロディ、何と言っても聴いていてワクワク、ウキウキと英国の緑の中でおどって楽しむ朗らかな姿がイメージできるってもんだ。トラッドってそういうもんでもないんだろうけど、とにかく傑作。リチャード・トンプソンのギターって掴みどころがなくて難しいけど、それがまたバンドの音にぴったりと合っていて見事なんだよな。追求すればするほど深いギターを弾く人。「フル・ハウス」はもう超名盤。ついでにライブの「House Full : Live At The LA Troubadour」も絶対おすすめ♪

Fairport Convention - House Full

ハウス・フル+5(紙ジャケット仕様)   英国ロック界に於いて実はトラディショナルフォークとの境目なんてのは多分そんなに存在していないんじゃないかと思う。もちろんアコースティックだけでトラッドを奏でているバンドとギンギンにハードロックを演奏しているだけのバンドじゃ差はあるけど、実際どっちもそんなに数多くはないし、70年代だと尚更少ない。よってロックというフィールドには実に多彩な音楽が入り交じっているのが70年代英国ロックの楽しさ。そしてその全てを包括してしまったのがLed Zeppelinというバンドだったんじゃなかろうかと。一方でトラッドの世界に於いてLed Zeppelinと同格の地位を築きあげていたのが多分フェアポート・コンヴェンション。まぁ、そういうのはジャズならマイルス・デイヴィスとかブルースならロバジョンとかそういう話になるんだろうけど(笑)。いやいや、それでですね、ココのところのライブ盤シリーズを書いているウチに、トラッドのバンドってライブ盤ってあまりないよな、と思ったワケです。フェアポート・コンヴェンションはあるんだけど、他がさ、あまり見当たらないんだよね。そしてもうひとつ、トラッドだけど多分普通のロックなんかよりも全然激しいライブを聞けるってのもフェアポート・コンヴェンションくらいかもしれん、と。

1977年にリリースされた「ハウス・フル」だけど、割と複雑な経緯を辿っているライブアルバムでしてね…、元々は1970年のトルバドールってとこのライブ音源を記録している作品なんだけど、リリース時には「Live At The LA Troubadour」として出まして、その後80年代に「House Full」っつう形でジャケットも曲も変えて出てきた。そんでもって更に2000年代になってからCDでその両方を合わせたような…、ような、ってのはだ、何曲か少なかったんだよ、この時点でさ。ま、それでも過去一枚のライブとしては一番長かった「House Full : Live At The LA Troubadour」がまたジャケット違いで出てきて、更に2009年にようやくSHM-CD完全収録盤的に「House Full 」「 Live At The LA Troubadour」の二つのアルバムを合わせた一番長いバージョンとして「ハウス・フル+5」がリリースされたワケです。長い来歴を誇る「ハウス・フル」なんだけど今のところこの「ハウス・フル+5」が最終型として君臨していていいんじゃないか。

 って複雑な経緯を辿りながらもそこまで愛されるライブアルバムだったのか?と言う点では驚くことにまず、サンディ・デニーが不在の頃のライブ盤なんだ、と言うこと。いや、だからと言って演奏の質とか激しさとかライブの熱さとかってのはもうロックのライブアルバム群の中ではもの凄く上位に入ってくるくらいのライブなんで、文句なしです。ただ、サンディ・デニーがいない時期、ってのが不当に聴かれなくなっているフェアポート・コンヴェンションの「」の不遇な運命。サンディ・デニーだったらこんなライブにはならないし、いないから余計にこんなに凄いライブになったんだと思う。過度期のフェアポート・コンヴェンションがどういう方向性に進むのか明確でないままただひたすらに熱くプレイしているひたむきな姿が凄くてね。曲を知っていようがいなかろうが、ライブってのはこういうもんだと。トラッドとかの枠を外して聴いてみてもらいたいね。特に必殺の「Matty Groves」でのリチャード・トンプソンのプレイは正に英国人でしかあり得ない、そしてこんなに熱くてクールなプレイはあり得ないってくらいのギターが聴けるし、もちろんバイオリンのデイヴのプレイもひたすら熱気が詰まっている。凄い。

 ロック畑の人は割と聴かないだろうし、聴いてもLed Zeppelinの「レッド・ツェッペリンIV」に参加したサンディ・デニー繋がりで、という部分も多いが故にサンディ・デニーが参加していない作品にはあまり手を出していないのかもしれないけど、その実フェアポート・コンヴェンションの底力をここで聴くことの出来る凄いライブ。是非是非試してみてください♪

Fairport Convention - 2007 Liege & Lief BBC Live

Live at the BBC  ついこないだの8月10日になんとも驚くべき再結成が成されていたのを全然知らずにいたのだ。もちろん英国でのお話なのだが…。英国きってのトラッドフォークバンドとして名高いフェアポート・コンヴェンション。その栄華は60年代末期から70年代前半にかけて、もちろん黄金のメンバーが在籍していた時期でボーカルにはあのサンディ・デニーを配していた頃だ。以前にもアルバム「Liege & Lief」というのは紹介しているんだけど、知らない間にそのデラックスエディションがリリースされてた。スタジオアウトテイクが5曲とBBCセッションから5曲ってことらしい。アウトテイクは結構気になるなぁと思いながら今のところ舌なめずりしている状態(笑)。

 それからもうひとつ同じく今年になってからリリースされていたことに全然気付かなかったんだけど、フェアポート・コンヴェンションのその黄金時代のBBCセッションを丸ごとまとめた4枚組CD「Live at the BBC」がリリースされていたんだなぁ。これがあればこの頃の変化とかサンディ・デニーとバンドの素晴らしさってのは多分実感できるんだと思う。そんなにマイナーなバンドじゃないけど、あんまり情報が入ってこないってのはなかなか後が大変だ。もちろん国内盤なんてのは期待できないので当然英国盤ってことになるんだけどさ。このBBCセッション、かなり豊富な収録なので多分買うだろうなぁ…、三枚目とか凄く気になるもん。

 そうそう、それでこないだの8月に何が行われたかと云うと、フェアポート・コンヴェンションの黄金期のメンバーが揃ってなんとアルバム「Liege & Lief」を丸ごとライブで演奏して、しかもそれがしっかりとBBCラジオで放送されたってことだ。メンバーはSimon Nichol、Dave Mattacks、Richard Thompson、Ashley Hutchings、Dave Swarbrick、Chris Whileってとこで、もう言うことなしに円熟しきったプレイとサポートで凄いの一言。ボーカルはもちろんサンディがいないので別の人なんだけど、それがまたかなりサンディに近い歌い方をする女性で、声質もどことなく似ているし、もちろん英国の暗さってのも持ち合わせているので全然違和感なく楽曲にマッチしているので、凄く感動的なライブになってる。そもそもが名盤とされていアルバムが今この時代にこんな風に素晴らしい面子でプレイされるってのは本当に驚くばかり。フェアポート・コンヴェンションってのは毎年クロップレディ・フェスティバルっていう自分たちの過去を楽しむイベント+もちろん新風も入れ込むというものを開催しているので、過去のメンバーが参加することも珍しくないんだけど、こんな風にアルバム丸ごとをプレイするなんてのはなかったことだと思うので、かなり斬新だし、刺激的。メンバーもそうだったろうなぁと。いやぁ是非オフィシャルリリースしてもらいたいライブだね。

Fairport Convention - Red And Gold

Red & Gold ロックの歴史の中でもかなり長い歴史を刻んでいるバンドの一端を担っているフェアポート・コンヴェンション。アルバムデビューは1967年で、解散したようなしていないような、そのうち仲間が皆集まり始めて色々とセッションやらイベントやらを始めたりしているうちに皆が皆愛着を持って出たり入ったりしながら今でも存続しているワケで、ストーンズの生きながらえ方とは大きく異なってメンバーチェンジも当然ありきで皆の故郷のような位置付けでバンドというハコがあるってとこか。

 そんなフェアポート・コンヴェンションが1988年に何とラフトレード(!)からリリースしたアルバムに「Red & Gold」という作品がある。ラフトレードレーベルと云えばどことなくニューウェイブのバンドばかりというような印象があるが、結構オールドなロックにも門戸を開いていて、確かロバート・ワイアットなんかもアルバムリリースしていた気がする。ま、それはともかく、この頃のフェアポート・コンヴェンションって実はもの凄く充実していたらしいんだよね。

1985年頃からメンバーが12年間くらい変わってなくてアルバムも8〜9枚リリースしている時期でさ、なかなかフェアポート・コンヴェンションのディスコグラフィーとバイオグラフィーの実態が掴みきれないのであちこち紐解いた程度での知識なんだけど、いや、もちろん初期から70年代くらいまでは大丈夫だけどそれ以降がどうしても曖昧(笑)。まぁ、それでもバンド名に恥じないアルバムばかりをリリースしているので悪くはない作品群が多いかな。

 で、その「Red & Gold」なんだけど…の前にメンツか(笑)。しっかりとデイヴ・マタックスのあのドラムは健在だしサイモン・ニコルの味のある歌声とデイヴ・ペグのベースラインもそのままですな。バイオリンにはリック・サンダース…、ソフツの後期に在籍していた人ね。で、ギターは知らないんだけどマーティン・アロックって人かな。なかなかリチャード・トンプソン的なギターを弾く人なのでメンバー的には重宝したと思う。中身はねぇ、結構モダンなトラッド風味の大人のロック、というよりも聴かせるアダルトな音で、でももの凄く英国ならではのメロディだったりコーラスだったりして、普通は出せない味だし、新人じゃぁ当然出せないサウンド。落ち着いた音で暗さもそんなになくって聴きやすいね。しかしリズム隊、軽く演奏しているんだろうけどやっぱりとんでもなくロックな人達で、重くてかっこよいよぉ〜。こんなにアダルトなことしてなくても十分にロックでイケるにな、とか思ってしまう(笑)。

 何気にね、アルバムジャケットを見てみると凄く英国らしくて、騎士の戦いはともかく下側には英国らしい湖に帽子が浮いていて、何故か右側には翡翠が飛んでいるという、おしゃれだよねぇ〜、こういうセンス。色々な意味で親しみの持てる作品。多分この前後のアルバムも似たようなもので楽しめるかな。あ、そういえば、このメンツってこの時期に来日公演してたハズ…。

PageTop このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.