The Corrs / Sinead O'conner



The Corrs - Unplugged

Corrs Unplugged  90年代以降のいわゆるニューケルトサウンドのひとつの究極の姿を世界に示したとは言い過ぎだが、それでもそれほどの功績を残したバンドがザ・コアーズだと思う。単なるポップバンドとして捉えられている面もあるとは思うんだけど、もの凄くケルティックなサウンドが散りばめられていて、それがここぞという時の必殺フレーズみたいに使われるのが堪らない。多分地元アイルランドでもこれだけケルティックなアイルランド精神を打ち出していればかなり支援されるんじゃないかな。まぁ、そういうの気にしない音楽の都なのかもしれないけど。

 で、彼女たちの一番ケルティックなサウンドが出ているものとしてはカバー盤では「ホーム」っつうのがあるけど、オリジナルではやっぱりファースト「Forgiven, Not Forgotten」かな。素朴なサウンドというか、まぁ、やっぱりポップな味付けはしてあるんだけどアイルランド的な作品で原点だね。で、アルバムを重ねていくとどんどん洗練されていくんだけど、それはあくまでも戦略的なところみたいで、素に戻った時のライブアルバム「アンプラグド」では見事にアイルランド魂をバリバリに打ち出した、それでいてオリジナルがメインのライブを繰り広げた。由々しくも彼等のライブがいわゆるアンプラグドシリーズの最終回を飾ったというからそれも面白いモノだ。

 そうだね、彼女たちの作品で一番気を入れずにさらりと聴ける自然な感触があるんだよね、この「アンプラグド」は。映像でも出ているんだけど、リラックスしててさ、実際は何回もやり直しているらしいけど、それでも落ち着いていて良い。もともと兄弟姉妹のバンドだから家の中ででもセッションしたりしてたワケで、そうなるとアコースティック楽器でやるのも当たり前で、みんながみんな自分のパート以外にも楽器ができるワケで、ああ、やっぱ器用な人達だな、と。で、面白いのはこの作品の中で同郷の英雄フィル・リノットの「Old Town」をカバーしてること。それがまたかっこよいんだよね。この曲って自国ではヒットしたんだろうか?よく知ってるなぁと思うけど、曲の良さを再認識だね。ナイスチョイス♪ それとその後もライブで歌われるようになる「No Frontiers」のカバー。これもキャロラインとシャロンの美女二人によるデュエットとして定着したんだけど、綺麗だよなぁ、いや、歌が。容姿もだけどさ。そういえば「Little Wing」もやってるわ。これはまぁアルバムでもやってるからアレだけどね。

 うん、アイルランド:ケルトサウンドというのがモロというワケではないけどやっぱり最新の姿だよな…。インストものなんかだとモロにそういうのが出ていて凄く惹かれるもん。騙されて聴いてみると結構良いと思うよ。

The Corrs - Home

ホーム  心地良い秋風の吹く中で、なんとなく肌寒いけど天気は良い、みたいな時=正に秋という季節なんだけど、こういうのってイギリスとかでもあるのかな〜て思ってたら、唐突に、あ、アイルランドってこんな感じか?なんて勝手に思って、早々にiPodからコアーズを引っ張り出して聴いていた。

 アイルランド出身のコアー兄妹4人組によるバンドでお姉さん方二人とお兄さん、更に甘えん坊の可愛い妹さんがボーカルっていう感じでデビュー時から何かと心地良く聴けるので愛聴しているんだけど、この間新作がまたリリースされている。今回は故郷アイルランドへの望郷の想いを込めてトラディショナルソングのカバー集ということで、アルバムタイトルもそのまま「ホーム」と付けられている。普段のコアーズはどちらかと言うとセンスの良いポップさの中にアイルランド伝統のフレーズを織り込んだ、聴きやすさを中心に構成された楽曲が多かったのだが、今回はそれらを全て無視した形で自分たちのルーツに従って忠実に音楽を演奏したという感じで実に素朴。ポップさはあまり聴かれない=アレンジ以外は原曲に忠実ってトコでしょう。この辺からアイルランド民謡あたりまで入っていくとなかなか面白いモノに出会えるのかな。

 そうは言ってもやっぱりポップなコアーズも捨てられないし、あの美貌が映像で見られるならばその方が良いに決まってる、ってことでDVD「オール・ザ・ウェイ・ホーム ̄ヒストリー・オブ・ザ・コアーズ」ももうじきリリースされるのが嬉しい。去年のライブツアーの模様と過去のドキュメンタリーが入ってるらしいから、結構面白そう。しかしCDのリリース数とDVDのリリース数に差がないってのも珍しいバンドだよな。やっぱりルックスも重要だからなぁ、、、自分も最近はCDよりもDVDの方がいいな〜って思うし。iPodでビデオが見れるんだからそういうのもいいかもな(でも、まだ買ってない…)。

 しかしカバーソング集とは言えフィル・リノットの「Old Town」って一体いつどこで彼女達は聴いていたんだろ?アイルランドでは売れたのだろうか?ちなみにフィル・リノットのファーストソロアルバムに収録されていた曲で1982年リリース。う〜ん、不思議。コアーズのアルバム「アンプラグド」でカバーされたのが最初かな。これも結構どころかかなり良い作品だね。

The Corrs - All The Way Home

オール・ザ・ウェイ・ホーム ̄ヒストリー・オブ・ザ・コアーズ [DVD]  11月23日に待望のコアーズ新作DVD「オール・ザ・ウェイ・ホーム ̄ヒストリー・オブ・ザ・コアーズ」がリリースされ、早速購入して見たのでこれまでのブログの流れなど無視してやはりリアルな感動を書き連ねよう。まず、本作は最初期から追いかけているファンにとっては大変嬉しくもあり、貴重な映像作品集でもあり、そして大変もの悲しいDVDでもある。

 2枚組の内、ディスク1は「All The Way Home」と題されたコアー家の生い立ちからバンド結成、地元での活動経緯からデビューに至るまで、そして更にデビューから先日リリースされた「ホーム」の制作までを抑えているので本当にドキュメンタリーとして貴重な記録であるし、彼らの努力や生き方など感動する部分が大きい。ディスク2は2004年のヨーロッパツアー最終日前となったスイスのジュネーヴでの公演の様子が克明に記録されており、新たなライブ作品として純粋に楽しめる内容となっている。

 まずドキュメンタリーの方だが、これだけで約2時間弱収録されているのでたっぷりと最初期のコアー家の模様から赤裸々に描かれているので楽しめる、というよりも感心しまくる。そりゃ、アイルランドの田舎に住んでいた姉妹がいきなりアメリカでデビューして世界を制覇してしまうワケだから並大抵の努力ではないのが当たり前なのだが、彼らの演奏やステージを見ているとそんなことは微塵も感じさせないくらい伸び伸びと華やかに楽しんでいるように見えるのでそのギャップが凄くて、やっぱり凄い努力家で、且つ姉妹だから結束も固く、やりやすい面も多いのかなと素直に思える部分もある。しかしこのドキュメンタリーはあまりにも赤裸々に描かれすぎており、ファンとしてはあまり考えたくなかったコアーズの解散、もしくは活動休止についてアンドレアやジムの口からダイレクトに匂わされているところが非常に悲しい。

 え、終わりなの?って感じ。実際キャロラインもシャロンも子持ちの母親業に入ればバンド活動などしている余裕はないのだろうから、何となくいつアルバム出すのかな、くらいには思っていたが、こうして本人たちから語られるというのはなかなか衝撃的だったかな。彼らにしてみたらファンには自らメッセージを送りたかったのだとは思うが。そんな発言の後に「ホーム」の録音風景が収められており、正に決別的な意味合いで原点回帰として制作されたこのアルバムが彼らのメッセージを余計に信憑性を持たされているとは考えすぎだろうか、いや、恐らくそういう意味合いだと感じる。

 しかしコアーズは恐らく10年以内には一旦復帰してくれるだろう。あれだけ音楽を愛している人たちなので、もちろんアイルランドの彼らの田舎にでも行けばパブなどでちょこちょこと趣味で演奏していたり歌っていたりするのかもしれない。大掛かりにはなかなかできないかもしれないが、そんなパブでの録音でもリリースしてくれればと思う。そしてまた母親となって愛の深みを覚えた彼女たちが一緒になって演奏してくれたら凄く嬉しいなと素直に思う。2001年の日本公演でナマの彼女たちを見れなかったことを大変後悔しているが、恐らく今後彼らをナマで見れることはないのかもしれない。そしたらアイルランドに旅行でも行って握手してくるかな(笑)。

Sharon Corr - Dream of You

Dream of You The Corrsがフルで活動している90年代終りから2000年代にかけて結構The Corrsを聴いてて、気に入っていた。3姉妹の美貌と音楽的才能による音楽性は実にポップでケルトでトラディショナルなもので面白かったものだが、女性陣主体というバンドの性格上、結婚出産というステップが3回もあるということはバンドとしての活動に随分と制約が出来てしまうことで、2000年代になってからモロにその影響が出てきてバンドは現在活動停止状態。まぁ、しょうがないんだろうけどね。そうすると忘れ去られて行くのもポップス界の常でして、すっかりとThe Corrsという稀有な存在はシーンから忘れ去られてしまった現在、ひっそりとアイルランドに戻って最初に結婚して今や2児の母となった長女シャロン・コアーが活動再開していたのだな。

 いつの間にか「Dream of You」というソロアルバムをリリースしていて、9月中旬らしいんだが全然知らなかった。ま、たまたま気づいたのでもちろん聴きましたよ。季節柄も丁度良くって、秋に似合う人なんだよ、このアイルランド系の音楽ってのはさ。秋から冬にかけてが一番しっくりくる。んで、期待を込めて聴きました♪もうね、素晴らしい。癒されるし美しいし。ポップだけどポップスじゃないから耳障りな音はないし、自然な音楽。ホント音楽ってこういうものだよな、と。ストリングスあったりギターあってり…、ギターってジェフ・ベックが弾いている曲もあってさ、これがまたぴったりと曲にハマってて素晴らしい相乗効果なんだ。美しい。見事。  しかしシャロンの声ってこんなにアンドレアに似てたっけ?もっとスマートな声な気がしてたけど、こうやってソロアルバム聴いてるとやっぱりコアー一族の歌声なんだと思うもん。ポップス界広しと云えども、こういう音色と歌声を聴かせてくれる人ってなかなかいないので貴重です。別に宣伝して売るというものじゃないだろうけど、こういうのがないと高尚な楽しみができないですよ。「Dream of You」のジャケットの美しさシャロンの美しさ、音の美しさと自然の調和。如何に幸せに過ごしているかっていう証なのかもしれないな。

 バンドメンバーはコアーズ時代からのリズム隊の名前もあって、アイルランドの音楽好きがシャロンと一緒にやってますっていう気心知れた感じ。家族が参加していないのがちょっと残念だけど、こうして姉妹がそれぞれアルバム出したり活動してくれれば途切れることなくコアーズを楽しめるじゃないかと思ってしまうんで、どんどんマイペースで続けてほしいね。それにしてもホントきれいで美しいアルバム。しばらく毎朝の友になりそうな予感です♪

Andrea Corr - Ten Feet High

テン・フィート・ハイ  最近は情報のチェックがなかなかできなくなってきている。昔に比べれば情報の宝庫の中で生活しているようなものなんだけど、その分情報を拒否している面もあるし、それにインターネットにしても情報を探しに行かなければ入ってこないというものでもあって、結構世間から隔離されていると思う時がよくある(笑)。まぁ、毎晩飲みに行ってればネットも何もないしテレビは見ないし、新聞読んでる時間ないし、みたいな世捨て人状態ではあるが…。

 そんなことで全然知らなかったんだけど個人的興味の高いコアーズと言うバンドのフロント姉ちゃんでもあるアンドレアが昨年7月頃にソロアルバム「テン・フィート・ハイ」を出していたんだなぁ。いや、全く知らなくて、ついこないだ知ったので早速チェック♪ コアーズの音ってのはケルト風味たっぷりのポップスで、ここぞと言うときにケルティックな旋律でノックアウトさせてくれるのだが、ソロ作品ってどんなんかな、と興味津々。

 最初からケルティックな雰囲気はもちろん裏切られてて、最新の音と技術を駆使した超良質でしつこくないポップス。ただし多種多様なサウンドが散りばめられているので、そうだねぁ、アイルランドのマドンナ、みたいなもんか?

 いや、まぁ、音的にそういう試みをしているってことでね。空気感はやっぱりケルトかなぁってのはあるんだろうけど、音的には全然ケルト風味なし。故にコアーズのサウンドとは全然違うので完全なソロ作品だね。歌詞にしてもかなり赤裸々に描いているみたいで、生々しい感じらしい。よくわからんけど。

 う〜ん、コアーズの時は声に特徴あるなと思ったけど、こうして聴くとイマイチ面白味に欠けるのはなんでだろ?フロントのボーカリストなんだからもうちょっと面白いかと思ったけど、やはりバンドのサウンドっつうのがあったんだろうな。それでイマイチ慣れてないから聴く側としても物足りないのかも。でも、まぁ、悪い音じゃないから何回か聴いているウチに面白くなるかな。作品の作り的にはよく出来ているしね。

Sinead O'conner - The Lion and the Cobra

The Lion and the Cobra  アイルランドからも衝撃の、と言うか真の意味で革命的な女性が一人世間を騒がせた、というかアメリカを脅かしたとも云えるが、過激な姿勢で全盛期を生き抜いた女性がシニード・オコナーだろう。普通に見ているだけではアタマを坊主にした変わったアーティスト、くらいのモンだけど、ちょっと歌詞の中身に目を通してみるとそこには非常に過激に、そして赤裸々な歌詞が描かれている。こういう部分ってのは日本人には弱いところで、自分的にも弱いところなのでその面白さに気付くのに時間がかかるのが残念。

 1987年リリースのファーストアルバム「The Lion and the Cobra」で、一般的にはこの後のセカンドアルバム「I Do Not Want What I Haven't Got」の方が有名だろうけど、何となくファーストの方がインパクトあって良かったんだもん。音だけで聴いてはいけないので、そのアジテーションとか知って聴いた方が面白い。…っつってもまぁ、どうしても音を聴くのでしょうがないんだけど、シニードの声を聴いているだけでも非常に透き通った、そして意思の強靱さが表れ出ていることだろう。激しさの中にもどこか冷静な部分があって、そして元がアイルランドなので旋律や寒さってのはしっかりとメロディに表れているしね。

 とは言っても当時この良さがわかって聴いていたワケじゃないし、どちらかと言えばあまり聴かなかった。これぞロック、っていう感じの音じゃなかったし、かと言ってポップスというように軽く聴ける音楽でもなかったから手に取ってみることは少なかったんだよね。ただアイルランドとか女性ボーカルものとか、彼女の歴史、みたいなのが何となく情報として入ってくるようになる度にへぇ〜って聴いてみたりしていて、だんだんと彼女のスタンスっつうのがわかり始めて来たってのが真相。

 セカンドアルバム「I Do Not Want What I Haven't Got」ではプリンス作の「Nothing Compares 2 U」を歌い大ヒットを記録しているけど、とてもこれがプリンスの曲だとは思えないくらいのシニード・オコナー調に歌われたバラードで最早聖歌と呼んでも良いくらいの出来映えに驚く。もともとプリンス好きの彼女にしてみると願ったりのシングルらしいが、それでもここまで歌えたら素晴らしい。プリンスも相当気に入ったんじゃないだろうか。ただここまで暗いとどうかとは思うが(笑)。

Sinead O'conner - Sean Nos Nva

Sean Nos Nva  80年代末にシーンに登場して瞬く間にアイルランドの歌姫と世界中で呼ばれるようになった人にシニード・オコナーという実に個性的な女性がいる。そう、スキンヘッドで確固たる意思を持った瞳が印象的な彼女だ。昔から知ってはいたけどあんまり音楽的に好みではなくってもちろんもっともっとハードな音を求めて別に聴かなかった人の一人なんだけど、アイルランド音楽あたりに興味を持つと必ず出てくるし、それがそんじょそこらのものではなくってかなりエネルギーを持った作品だったりするわけで、無視できない存在だったんだな。リアルで聴いていた当時には思わなかったことを後からじわじわと感じた人。

 で、その時に売れた作品「蒼い囁き」は今思えばプリンス作のバラード曲で売れたようだ。う〜ん、あんまり記憶にないからこの頃は飛ばそう(笑)。で、一回りしてアイルランドルーツから回ってきてから聴いた彼女の作品で一番気になる…っつうか原点回帰でケルティックをモロにカバーしまくったのが「Sean Nos Nva」とモロにゲール語をタイトルとしたアルバムで邦題は「永遠の魂」ということらしいが出てたのかな?2002年の作品なんだけどアイルランド音楽界の大御所ドーナル・ラニーとシャロン・シャノンを迎えて制作されたもので、もうねぇ、良いんだよ。新鮮なケルティックサウンドなんだけど古クサイ良さももちろん持っててさ、歌は当然素晴らしいワケで、文句なし。というか、ケルティックのベストアルバムに選ばれてもおかしくない出来映えだしね。気持ち良く歌っているんじゃないかなぁ、だから聴いている方も凄く気持ち良く聴けるんだが。

 シニード・オコナーと云えば過激的なイメージがあったし、衣着せぬ発言がパンク的な主張とも取られ、孤高のスターという道を歩まされたワケだが、顕著なのは堕胎反対か何かで生放送中にローマ法王の写真を破り捨てるという快挙に出てアメリカ国民からブーイングを浴びることとなったのが有名か。当時何気なく聞いた情報だけでも大したことするもんだ、とは思ったが、その余波として直後に出演したボブ・ディランのトリビュート・ショウではもの凄いブーイングだったらしい。そして彼女はそこでディランの曲ではなくボブ・マーリーの「ボブ・マーリー - Natural Mystic - War War」をアカペラで歌って泣きながら去って行ったと云う。そういう話だけでも伝わってくるのだが、それほどに真摯な姿勢で音楽を歌っていた彼女が21世紀を迎えると音楽を楽しめるようになってきたのかな。でなきゃこんなトラッドな作品作れなかったんじゃないだろうか?な〜んてね。いや、この後も引退宣言して、それからスライと組んで「Throw Down Your Arms」っつうレゲエアルバム出したりしててさ、実は結構面白い活動してるんだよ。だからアメリカなんてどうでも良いから好きに音楽するとこういう楽しいのが出てくる。いいことだよね。なんつってもそれがジャケットの表情に出てるもん♪

PageTop このページのトップへ
Copyright (C) 2009 ロック好きの行き着く先は… All rights reserved.